HIROBIRO

NEWS EVENT

片道交通費支援制度

片道交通費支援制度

地方で自分の力を試したい、得意分野で新しい挑戦がしたい、地域課題を解決したい・・・
豊かな海・山の自然に高い都市機能が隣接する広島には、そんなあなたの能力と熱意が活かせるフィールドがたくさんあります。
東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)にお住まいの方を対象に、広島への来訪(事前調査等)に要する片道交通費を支援します!

【対象者】

・20歳以上で、原則として、東京圏(埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県)にお住まいの方(夫婦も可)
・近い将来、広島県内に住所地を移すことを検討している方


【広島県へ訪問して実施いただく内容】
・広島県内の生活・事業環境等の調査、確認
・就職のための企業訪問
・広島県内で予定している各種活動に関する実地調査、試行など
<必ず訪問していただく場所>※両方とも訪問していただく必要があります。
◎移住予定地域の地方公共団体(市役所・町役場の定住相談窓口の担当者など)
◎民間の事業者など(就職面接先、不動産事業者、各種活動の連携者など)


【広島県からの旅費交付額】
次のうち、いずれか低い額。(上限1人あたり2万円)
(A)出発地(原則として自宅)から広島県内の最初の目的地までの交通費
(B)広島県内の最後の目的地から帰着地(原則として自宅)までの交通費
※レンタカー、タクシー及び自家用車に要する経費は対象外
※東京圏から広島県内への往復に際し、JR(東海道・山陽新幹線)を使用する際、乗車券代は、原則として「往復割引」を適用した額を適用します。特段の事情がない限り、往復割引前の乗車券代は支給できません。
(例:東京‐広島間 通常の乗車券料金11,660円→割引後10,490円、東京-福山間 通常の乗車券料金10,800円→割引後9,720円)


【申請手順】

1 出発日の5営業日前までに、調査計画書を作成、「ひろしま暮らしサポートセンター」へメールで提出
2 出発日の2営業日前までに、「ひろしま暮らしサポートセンター」を訪問し、相談員と面接(計画内容が制度趣旨に合致することを確認)
3 広島を訪問し,調査を実施
4 帰着日の5営業日後までに、調査結果報告書を作成、「ひろしま暮らしサポートセンター」へメールで提出
5 帰着日の3週間後までに、「ひろしま暮らしサポートセンター」を訪問し、相談員へ報告(制度趣旨に則って調査が行われているかを確認)
6 必要書類、口座振替依頼書等を広島県地域力創造課へ郵送
6 広島県から片道の交通費を支給します。


【詳細情報・様式はこちらから】
広島県ホームページ


【お問合せ】

「ひろしま暮らしサポートセンター」
 認定NPO法人ふるさと回帰支援センター内  
 Tel:080-5873-3296(直通) 03-6273-4401(代表)
 e-mail:chisouzou@pref.hiroshima.lg.jp

Copyright © 2015 HIROBIRO. All Rights Reserved.