HIROBIRO

働き方改革で、産休育休も一般的になりつつある。
でも、やっぱり初めての子育てだから不安も当然。
東京という大都会で、出産や子育てすることに
ちょっと不安を感じたら、広島はどうだろう?
海も山も身近だから、いろいろな想い出もつくれるはず。
しっくりする生き方が見つかるかもしれない。

東京生まれ,育ちは埼玉。まだまだ自然環境が住宅街に残る中で,草花の細工や虫捕りなどの外遊びも楽しみながら育つ。社会人となって,東京の建築会社に勤め,まさに企業の第一線で働いていた堀江美由紀さん。東京で夫に出会い,結婚し,子どもが生まれ,産休・育休を経て,働きながら子育てをする中,子育て支援事業で起業したいという夫の目標,自身の子育て方針を実現するため,2011年に広島への移住を決意。夫婦で,広島市中心部にほど近い住宅街で保育園を立ち上げるとともに,ベビーシッターサービス事業を展開している。

やりがいのある仕事、妻やこどもとの時間、島に渡ってひとり風を切るサイクリング、全てが充実しているのは、大きな地方都市と瀬戸内海の島々が近いからです。通勤・買い物・教育に便利な市街地に住みながら、半日で美しい瀬戸内海の島々に行って帰ってこられます。宮島にも、公共交通機関で散歩感覚で行けるのも魅力に感じています。

2011年の東日本大震災を機に東京での暮らしに疑問を感じた長友さん。子どもが生まれ、自身の生き方、家族の暮らし方を見つめ直し、2016年に妻の故郷・広島へIターンした。現在は、せとうちホールディングスのグラフィックデザイナーとして、さまざまな企画・制作に携わっている。地方だからこそできるデザインの在り方を模索し、新たな可能性を見出している。

Copyright © 2015 HIROBIRO. All Rights Reserved.