ログイン

地域コーディネーター
&移住サポーター

あなたとひろしま、つながりの
第一歩をサポートします。

広島県には、県内の様々な地域で移住者のサポートを行っていただいている、オフィシャルな地域コーディネーター/移住コーディネーターがいます。

それぞれの地域の人とのつながり作り、暮らし・仕事・住まい・子育てなどの相談に、より具体的に、寄り添って対応いたします。

  • 安村通芳さん
    1 廿日市市

    安村通芳さん

    東京都→廿日市市
    個人事業主 KAZARI 代表
    株式会社TOWN DESIGN LABO 代表取締役

    シェアオフィス「レインボー倉庫」(広島市)の運営や、空き家・空き地の利活用をテーマにしたセミナーやコミュニティづくりに取り組む。
    活動エリアは廿日市市、広島市、呉市など。
    最近ではキッチンカーの創業サポートや人と人を繋ぐ活動にも力を入れている。
    また、廿日市市を学ぶ「場-Webサイト-」『廿学(はつがく)』のスタッフも担当されています。

  • 後藤峻さん
    2 江田島市

    後藤峻さん

    2016年移住 東京都→江田島市
    一般社団法人「フウド」代表理事

    江田島市にJターン後、地域おこし協力隊として活動。江田島市の魅力的な人物を紹介するコンテンツ『江田島人物図鑑』の制作などを通じて、地域住民との絆を築く。
    2018年11月には一般社団法人フウドを設立。地域コミュニティやクリエイティブの拠点として幅広い方に利用されている。
    趣味はSUP。一日かけて江田島をSUPで一周したこともあるくらい!

  • 小野香澄さん
    3 呉市

    小野香澄さん

    2015年移住 東京都→呉市
    特定非営利活動法人 呉サポートセンターくれシェンド プロジェクトマネージャー

    東京でテレビ番組制作会社のディレクターとして着実にキャリアを積み上げつつも、「深呼吸できる場所で暮らしたい」と生まれ故郷の呉へ2015年にUターン。現在はフリーランスの地域コーディネーターとして前職の経験やスキルを活かしながら、プロジェクトと人、団体などのマッチングを行い市民活動に取り組む人々をサポートしています。

  • 福本博之さん
    4 竹原市

    福本博之さん

    東京都→竹原市
    フロービス株式会社 代表取締役
    まちづくり会社いいね竹原 代表取締役
    一般社団法人MANYSIDE代表理事

    東京からのUターン。
    複数の事業で代表を務めているが、共通しているのは、人と人を繋げ、地域の資源を活かす事業であるということ。県立広島大学MBA「HBMS」1期生。
    会社も住むところも複数で、竹原を主な拠点にしながら県内各地や東京にも頻繁に行き来している。

  • 山田智嗣さん
    4 竹原市

    山田智嗣さん


    有限会社前川酒店 代表取締役
    まちづくり会社いいね竹原 取締役

    呉市民だが竹原のコーディネーターを務める(笑)1994年から竹原で酒屋を営み「酒と食」を通じて人と人を繋ぐ利き酒師。現在は酒屋を営みながら、町づくり会社(株)いいね!竹原の役員・たけはら海の駅駅長として町づくりと地域活性化に力を注いでいる。趣味はバスケットボールとゴルフ(年2回がペース)

  • 本田あやさん
    5 三原市

    本田あやさん

    2020年移住 大阪府→東京都→三原市
    グラフィックデザイナー&イラストレーター
    コワーキングスペースarica コンシェルジュ

    東京でフリーランスのデザイナー・イラストレーターとして活動していたが、東京での暮らしに疑問を持ち「海のそばで暮らしたい」と移住を決意。穏やかな瀬戸内の海が広がる地元、三原市にUターン。
    東京の仕事を続ける傍ら、三原のことをたくさんの人に知ってもらいたいという想いから「みはらモノトコ」を立ち上げる。
    2023年9月から「コワーキングスペース arica」のコンシェルジュ業務にも従事。

  • 清水昌宏さん
    5 三原市

    清水昌宏さん


    株式会社MCAT(旧 三原テレビ放送)社員

    三原市出身。三原市在住。地元のケーブルテレビの職員として、番組制作に携わったのち、現在は築100年の古民家を活用したコワーキングスペース「arica」の立ち上げや運営など、地域資源を活かした新規事業の創出などに取り組む。また「三原に刺激を」をテーマに、アートイベントなどに取り組む市民団体ミハラスパイスでも活動中。

  • 酒井裕次さん
    6 尾道市

    酒井裕次さん

    2011年移住 横浜市→尾道市
    株式会社プラス 代表取締役社長

    2007年にブランドデザイン会社を東京で起業。2011年に因島にUターン。
    東京尾道の2拠点ワークを実践する傍ら、尾道市因島で移住促進をはじめとする様々なプロジェクトを進めている。
    今年度から広島県の移住の受け皿づくりプロジェクトの要としても活躍中。

  • 後藤峻さん
    6 尾道市

    後藤峻さん


    尾道市移住定住コンシェルジュ

    ONOMICHI SHAREで8年間勤務の後、2024年にキャリアブレイク。尾道のなかで自分が感じてきた可能性を活動や事業としてかたちにする準備中。尾道市の移住定住コンシェルジュを担当。コワーキングでの経験から、尾道に来られる方や地域で活動される方の目的に合わせて人やコンテンツをつなぐ役割を担う。また、県内エリアの連携や県外と尾道がつながることにも関わる。趣味はイベント・企画、異文化コミュニケーションに関心を持つ。

  • 菊地永史さん
    7 福山市

    菊地永史さん


    planning office kikuchi 代表

    1974年生まれ福山市出身。趣味は写真と書道。古いものをこよなく愛す。座右の銘は『温故知新』
    一般企業で約20年営業職をしたあと、フリーに転向。前職のスキルを活かしながら福山駅前の様々なプロジェクトに事務局やプレイヤーとして活躍。現在はコンテンツプランナーとしてイベントや取組の繋ぎ役として活動しています。
    2024年春に居住地が福山市から神石高原町に変わるのを機に地域を跨いだ越境交流を進めていきます。

  • 中尾圭さん
    7 福山市

    中尾圭さん

    2016年移住 千葉県→東京都→福山市
    港の編集室
    福山市まちづくりサポートセンター センター長

    千葉県佐倉市出身。学生時代を東京の西の方で過ごした後、コミュニティによるまちづくり(コミュニティデザイン)に携わる。特に多くの時間を過ごした広島県の島々で今後も暮らしたいと思い、2016年2月より福山市地域おこし協力隊に就任し内海町に移住。2019年1月に3年間の任期を満了し、夫婦で「港の編集室」として、思いを伝えるサポートや、暮らしを豊かにする活動をサポートしている。2022年4月より福山市まちづくりサポートセンターのセンター長として勤務。趣味は、読書と金継ぎ・パン作り(練習中)。

  • 小谷直正さん
    8 府中市

    小谷直正さん

    東京都→府中市
    NPO法人 府中ノアンテナ 副理事

    東京からUターン後、築190年の古民家をDIYで改修し、コーヒーショップを立ち上げる。また、NPO法人府中ノアンテナの副理事としても活躍中。地元の企業と連携し、府中市を中心としたのものづくり企業の工場見学イベント「瀬戸内ファクトリービュー」を企画運営したり、府中市に移住を考えている方の相談にのったり企業にお繋ぎしたりと、まちづくりの分野で多彩に活動中。

    <小ネタ>
    東京の府中市と間違われることがある広島県府中市ですが、昔から多種多様なものづくり企業が揃い、世界最先端の技術やデザイン性のある企業が個性を爆発させているおもしろい市です!

  • 徳光紗代さん
    9 世羅町

    徳光紗代さん

    2004年移住 
    Heart-キャッチ ベビーマッサージセラピスト・講師

    広島県熊野町出身、2004年に主人の実家世羅郡世羅町に農家のお嫁さんとして移住。子育て支援のボランティアに参加して2010年にベビーマッサージ、ベビースキンケアの資格取得をし、ママと行政の間をとりもっている。ママの意見を聞き、行政が出来ないことをしていき、世羅町で楽しく子育てをしてもらいたいと思って子育てオープンスペースを作ったり、子育てしやすい町を作っていけるよう活動している。

  • 菊井博史さん
    10 安芸高田市

    菊井博史さん

    2019年移住 広島市→安芸高田市
    合同会社アキタカターンズ 代表社員

    官民連携事業や移住希望者のサポートなど地域と外部人材をつなぐ役割を担っている。
    カメラマンを本業とし、神楽甲子園や祭事の撮影を行いながら、観る側として神楽を楽しむ。
    地域では消防団や猟友会、林業ボランティアなどマルチに活躍中!

アビ 会員特典を利用する! 無料 会員登録
サポート窓口/お問い合わせ